忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッド・デッド・リデンプション 《70点》

レッド・デッド・リデンプションをクリアしたので総評。


プレイ時間19h、達成率76%


・ストーリ
1911年、開拓時代のアメリカを舞台にした西部劇。
家族を人質に取られたジョン・マーストンが
過去を清算し、家族との平和な日常を取りもどす作品。

元マフィアのジョン・マーストンを利用し悪を一掃しようと画策する政府役人
開拓地を牛耳り悪名を広めている元仲間達
一つの時代に幕が下りようとしてる黄昏時の話しである。


・キャラクター
主人公ジョン・マーストンは紳士的且つ粗暴でカッコイイ。

その他の政府役人、元マフィアの仲間、元マフィアのボス、メキシコの軍上層部、メキシコの革命家
詐欺師、墓荒し、アル中の武器商人など碌な奴がいない。

そんな中で序盤でお世話になるマクファーレン牧場の人々や
アルマジロ《地名》のジョンソン保安官
終盤に再開するマーストン一家などは常識人で殺伐とした世界の中で唯一の癒しである。


・システム
R★の箱庭アクションゲームという事もありシステムは殆どGTA4、5と同じ。
しいて違いを挙げるなら、車が馬になっている点とHPが自動回復性なくらい。

各地でお使いミッションをクリアしてメインストーリを進めていきながら
道中多数のミニゲームで遊ぶ事も出来る。


・アクション
GTAと同じTPSアクション。
特出すべきは馬の操作と、レッドアイという特殊技能。

馬の操作はGTAの車操作に比べると少し面倒だが、
生き物を操作している感覚があってなれると面白い。

レッドアイは射撃の際に時間を遅くし敵にマークを付ける事で
早打ちと精密射撃が可能になっている。
GTA5のマイケルと同じ能力+αといった感じ。


・画像、音楽
画像は綺麗だけど似たような風景が多く飽きてくる。
これは開拓時代だからしょうがないのかもしれないが、もう少しメリハリが欲しかった。

音楽は良い。
特に家族と再会する前のBGMは状況にマッチしていて感動した。
エンディングの音楽もカッコ良かった。


・欠点
同じ様な風景が続く為、オープンフィールドにも関わらず飽きてくるのが早い。
同じように自然が多いスカイリムは飽きなかったので、単調なんだと思う。
マップ構成にもうちょっとメリハリをつけてほしかったかな。

町中に入るとfpsが落ちる(カクつく)。
基本的に60fpsだろうが30fpsだろうが気にならない性質なんだけれど
今回は気になった。
GTAであんなにNPCがいても処理落ちしないのになんでだ?
アクション部分は問題ないのに不思議。


・総評《以下ネタバレ有》
GTA5をプレイした後という事もあり、GTA5への進化の布石が感じられた。
レッドアイシステムがGTA5の特殊能力に繋がったのも感慨深い。

没入感をあまり感じられなかったのは残念だが
西部劇を体感するゲームとしては秀逸であることは間違いない。

ただ、没入感云々は個人の好みが大きいと思うので
西部劇大好きって人はハマれると思う。

購入前にネット調べていたら壮絶なネタバレをくらった今作だが
レビューをするとなると触れざるを得ないのがラストシーン。

ラスト前にマーストン一家の温かい触れ合いミッションをやらせておいて
あのラストは悲しすぎる。

ジョッオオオオオオンン!!!!!!
って涙を流さずにはいられなかったよ。

開拓時代から近代化へと突き進むアメリカの一時代の終わりを見事に描いていたね。
しかし、GTA4も悲しいラストだったけどRDRは報われなさ過ぎだよ。

ハッピーエンドで幸せなマーストン一家を見ていたかったぜ。


次はPS3魔女と百騎兵をプレイ予定。



*****************************************

レッド・デッド・リデンプション

評価 70 点 (100点満点中)

*****************************************
PR

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

ンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスをクリアしたので総評。
クリア回数1回、難易度上級、お宝獲得率32% プレイ時間10h

アンチャーテッドシリーズ第3弾の今作は砂漠が舞台である。


・ストーリ
海洋冒険家フランシス・ドレイク子孫を自称するネイサン・ドレイクは
彼が隠したという秘宝を長年追い続けていた。
秘密結社との壮絶なバトルを繰り広げながら、舞台は古代都市アトランティスへ移って行く。

謎解きとトレジャーハント、壮絶な銃撃戦
エンターテインメント要素を詰めし込んだ作品であり
相変わらずの映画の登場人物を動かしている感覚で楽しめるゲームだ。


・キャラクター
シリーズお馴染みの3人は今作ももちろん出演
主人公:ネイサン・ドレイク
相棒:ビクター・サリバン
恋人:エレナ・フィッシャー

他にも
PS3で一番良い女:クロエ
サリーの元恋人にして敵方のボス:マーロウ
トレジャーハンター仲間:チャーリー・カッター

等、魅力的なキャラクターが多く登場する。

また今作は、少年期のネイトと若き日のサリーを見ることが出来る。


・システム
TPSアクションゲームである本作は
アドベンチャーパートと戦闘パートに分かれており
謎解き⇒戦闘⇒謎解きの繰り返しで話が進んでいく。


・アクション
シューティング部分は一般的なTPS同様、L1で照準を合わせ、R1で打つのが基本。
格闘は□で攻撃、△でカウンター、○ボタンで反撃のQTE
アドベンチャーパートは謎解きとアスレチックの複合である。

1作目エルドラドの秘宝は初級クリア
2作目黄金刀と消えた船団は中級でクリア

という事で三作目は上級で挑んでみたのだが
結果からいうと失敗だった(笑)

いやはや敵が硬いのなんのってw
ゾンビの方が殺すの楽だわ状態。

特に防弾チョッキを着こんだ兵隊はただの銃じゃ傷を負わすことが出来ないので
近接戦闘だったら殴り合いの方が楽。
破壊力のある武器がないと本当にきつい。
無理せず遠距離でグレネード乱発が安全策。


・画像、音楽
画像はかなり綺麗。
ただGTA5をやった後だったので、すこし光の反射が多い感じがした。
個人的にはGTA5の方が綺麗だと思う。
まあどちらもPS3最高峰だとは思うけどね。

音楽はいかにもアドベンチャーて感じで、雰囲気には合っていると思う。



・欠点
各章で、もりあがる場面を作る必要があるのは分かるけど
中盤以降銃撃戦はおなか一杯だった。
このあたりは前作の方が旨く調性していたと思う。
ステルスで切り抜けるとかがもっとあれば面白かったのにな。
特に前作、前々作では登場した化け物が出現しないので盛り上がりにかける印象をうけた。

唐突な展開と、疑問点が多いシナリオも残念。

まあ少年時代や、砂漠に入ってからの流れは良いとして
海賊との銃撃戦っているかね?
唐突に現れ、意味もなく死んだアイツの意味が分からない?
なんでネイトに嘘を教えたのだろう?
その結果あいつは何を得たのだろう?
良い事一つもないまま死んでいったような……

まあ、マーロウの手下が崩れかけている遺跡内でも逃げずに全力でネイトを殺しに来るのは
薬物で操られているからだと好意的に解釈するとして
海賊はなんであんなに必至だったんだ?

結局ネイト1人に全滅させられてますがな。

トレジャーハンター仲間のエレナとチャーリーの扱いもひどかった。
チャーリーの扱いはさることながら、エレナの空気感たらない(笑)
PS3で一番良い女をあんな扱いにするるなんて!! カム着火インフェルノォォォオオオウ(`皿´#)

途中から一度も登場しなくなるし、ストーリー構成が雑すぎるわっ!!


・総評
映像表現は順当進化した感じ。
ただ、ストーリ展開は過去作より劣る印象を受けた。

前作では苦戦しつつも楽しめたラスボス戦を無くしたのは意味不明だし。
毎回ラストで遺跡を破壊しなくても良いんじゃないかなと思う?

ラストも含めて総合的に演出が単調で
演出面で前作、前々作を上回ってる箇所はないと思う。


それと、エルドラドの秘宝であんだけ怖かった化け物の襲撃。
もう二度とこんなの嫌だと思ったのに
三作目で完全に無くなると物足りなく感じるのだから不思議だ。
あれは必要だったんだな。
ビビりの俺には滅茶苦茶怖かったけどな(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


不満はあるものの、全体的にはシリーズに恥じない作品であると思う。
謎解きに関していえば今作が一番面白かった。

銃撃戦は上級だと硬すぎて面倒だから、中級から始めることをお勧めする。
上級の戦闘はパズルを当てはめてく感じで爽快感が薄い。
強力な武器の配置を把握して、効率よく敵を倒していくのは本当に疲れる。
GTAをプレイした後だから尚更そう思うんだろうな。

ラストは結構好き。
アンチャーテッドシリーズを上手にまとめたと思う。
インディージョーンズ最後の聖戦ほど上手くはないけど、PS3版のラスト?にふさわしい終わり方だと思う。

完全にサリーがヒロインだったけどなっ!!!!

問題は次回作だ。
PS4で発売すると噂のアンチャーテッド4はどうなることやら。
インディージョーンズは4作目で超絶駄作に変貌を遂げたから凄く心配だ。

とりあえずvita版をプレイしながら楽しみに待つとしよう。

周回?トロフィコンプ??マルチプレイ???
このゲームをそこまで頑張れる気がしないので、積みゲー崩しに移行。

ええ、私はにわかゲーマーなのでトロコンにさほど興味がないのですよ。
その時間を浪費するなら違うゲームがやりたいんです。

次回はレッド・デッド・リデンプションをレビューするぜ。




*****************************************

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス


評価 70 点 (100点満点中)

*****************************************

GTA Ⅴ《95点》

GTA V をクリアしたので総評。
達成率70%
とりあえずストーリを1週しただけ。
マルチは未プレイ。



・ストーリ
いつも通りの犯罪を犯しながら成上がって行く内容。
いつもと違うのはギャングとして地位を獲得していくのではなく、銀行強盗をして金を稼ぐという点。

主人公3人が泥棒家業に勤しむ姿はさながらR★版『ルパン三世』といった感じ。

FIB(国家警察)に利用されたり、ギャングに騙されたり、金持ちに舐められたり、マフィアに襲われたりと
クソ上司共覚えていやがれ!!という感じもあるので
R★版『半沢直樹』といえなくもない(これはいつもの事か?)

エンディングは3つ用意されているので、自分の信念に合わせた結末を選ぶ事が出来る。
※ちなみにクリアしたのは倍返しエンド。

今回はGTA4とは異なり終始明るくGTASA以来のバカゲ―となっている。
GTASAからハマった身としては、これは嬉しい変化。

GTA4はニューヨークをモデルにしたリバティシティーであるため、基本都会で街中でそれほど広くないが。
GTA5はロサンゼルスをモデルにしたロス・サントスは都会もあれば、山も砂漠りの広大なマップになっている為
全貌を把握するのは中々大変である。


・キャラクター


成上りを夢見る黒人ギャング:フランクリン《真ん中》
引退した元銀行強盗:マイケル《右》
キ○ガイ:トレバー《左》

個性豊かな3人主人公をプレイしながら、各視点でのロス・サントスを味わう事ができる。

その他にも銀行強盗仲間の知能犯レスターや、FIBの汚職警官、ギャング仲間、マイケルの家族など
ああロス・サントスに住みたくねーって思うキャラクターが勢ぞろいしている。

ネットで評価が高いのはトレバー
確かにこれほどまでにGTAに適した主人公はいないと思う。
情緒不安定で短期なサイコパス。
この主人公をプレイしているときは悪逆非道をつくしていても良心が痛まない(笑)


いままでのGTAの主人公らしいのはフランクリン
貧乏金なしのどん底ギャングから成上って行く姿は爽快。
ギャングなので倫理感は少しおかしいけど、3人の中じゃ一番精神年齢が大人で常識人。

GTAにしては珍しいタイプの主人公なのはマイケル。
なんていったって家族持ち。
家族には煙たがられている感じはリアルな中年親父ぽくて良いんだけど。
嫁は不倫しているし、娘はビッチだし、息子はニートだしと散々。
3人の中じゃ一番成功していて豪邸に住んでいるのに、何だか不幸そう。



・システム
いつも通りのGTAといった印象。
ロードも最初だけで、それ以降はシームレスなのも相変わらず。

最大の変化は3人主人公をいつでも変更が可能という所だろう。
同時並行で活動している別主人公にスイッチすると、TV見ていたり、警察に追われていたりしていて面白いし。
特にトレバーは無人島に居たりするので笑える。

それと主人公各々に特殊能力があるというのも新しい。
フランクリン:運転時の時間を遅くする。
マイケル:格闘(銃撃)時の時間を遅くする。
トレバー:格闘(銃撃)時の威力UP+死ににくくなる。
状況によって変更するとミッションが楽になし、単純に楽しい。


個人的にはパロメータの成長要素復活は地味にうれしい。

それと、警察は前作より優秀になっており、手配レベルが★3以上になるとまくのが大変である。


・アクション
GTA4から進化してアクションのもっさり感は改善されたが
シューティング系のTPSに比べると、まだもっさりしている。

でもGTAはこの位で良いかなと思わなくもない。

車の運転も前作より大分やり易くなっており
ロス・サントスをドライブしているだけで面白くてしょうがない。


・画像、音楽
画像はPS3最高の品質だと思う。
どこ見ていても綺麗だし、没入感がやばい。
このレベルのゲームが7000円で遊べるってすげえなぁと感動した。




音楽は全体的に世界観にマッチしていて良い。
ラジオ局が多すぎて把握出来ない程曲がある(笑)


・欠点
中に入れる建物が少ない。
まあ贅沢だっていうのは分かるけど、建物に入れたら面白いのになって思う。

彼女が作れない。
GTA4では作れたのに残念(面倒でもあったけど)。

隠れ家が少ない。
可能なら各地でマンションとかを購入したかった。
後半のフランクリンの隠れ家が遠くて地味に不便。



・総評
欲しくてたまらなかったゲームだっただけに、ハードル上げまくっていたのだが
そのハードルを軽々飛び越してくれたゲームだった。

一時期、据え置きゲーから離れて3DSとVitaばかりやっていた自分のモチベーションを引き戻してくれたゲームであり。
大作ゲームの底力ってものを思い知らされた作品である。

前作のGTA4も滅茶苦茶面白かったけど
内容的には今作の方が自分好み。
基本的にドライブしているだけで楽しい作品ではあるのだが、今回はそれに磨きをかけていると思う。

欠点と言う程ではないが
GTA4ではミッション失敗すると最初からやり直しだったのに対し
今作はリトライ機能がついており、初心者にもやさしい設計なっている。

これは個人的には嬉しくもあり、悲しくもありな複雑な心境である。

最初からやり直すイライラ感がクリア時の達成感(カタルシス)を倍増させていただけに、残念だと思う気持ちと
ミッションが長くなっているので、これを最初からやり直すのは無理ゲーだなって思う気持ちとがせめぎ合っている。

その辺はR★も理解しているのか、ミッションに評価が加わっているので達成感はそちらで補うのが良いだろう。

しかし、相変わらずの自由度の高さは健在で
箱庭クライムアクションゲームの金字塔は期待を裏切らなかった。
プレイ100時間中の10時間くらいはただ運転していただけだったと思う。

結局のところゲームなんて楽しんだもの勝ち。
どんだけその世界に没入できるか、のめり込めるかが重要。

その点、GTAⅤは好みど真ん中だったので傑作ゲーム入り確定!!!


これは積みゲーが無くなったらコンプリートを目指すぜっ!!


……しかし、いつになったら積みゲー無くなるんだろう?
調子こいてPS4買ってしまったからな。
6月帰国時にPS4を持ってくるからそれまでにPS3の積みゲは終わらしておかないとな。

でもGTAやりたいな、スタントジャンプに挑戦したいじゃんよ。
チートでウハウハ遊びたいじゃんよ。
マルチプレイもやりたいじゃんよ。

まったくGTAってやつは罪ゲーだな(`・ω・´)ドヤッ



…………さぁて、アンチャーテッド3でもやるか!!


****************************************

GTA V

評価 95 点 (100点満点中)

*****************************************

逆転裁判5

逆転裁判5をクリアしたので総評

逆転裁判5は、
過去に4作品+外伝2作品+αが発売された人気シリーズの最新作である。



・ストーリ
冤罪の罪を被された依頼人の無罪を勝ち取り為に
逆境に立ち向かい、逆転していく弁護士アドベンチャーゲーム

弁護士は証拠を捏造し、検事は冤罪の罪を被せる
結果こそが全てとなった法の暗黒時代
それに終止符を打つべく
伝説の弁護士、成歩堂龍一が法廷に帰って来た!!
というストーリ


・キャラクター
伝説の弁護士:ナルホド
逆転を引き継い弁護士:オドロキ
心理学を裁判に持ち込んだ新キャラ弁護士:ココロ
死刑囚でありながら検事:ユガミ
正義の刑事:バン

その他の魅力的な新キャラクターに
過去シリーズから引き続き出演する旧キャラクター達
これぞ逆転裁判といった印象である。


・システム
探偵パートと裁判パートに分けられており
探偵パートでは裁判で用いる証拠を集め
裁判パートでは証拠を用いて証人の“ムジュン”を指摘して
事件の真実を解き明かしていく定番のシステム。

今作からの新要素としてココロスコープが登場。
相手の心理を分析し、ココロのムジュンを指摘し
相手の嘘を暴く事が出来るようになった。

ちなみに過去シリーズから引き続き
サイコロックや見抜くなどの特殊能力も使用する事が可能だ。


・画像、音楽
2Dだった過去シリーズから一新
今作は全キャラクターが3Dモデル化されている。
それとアニメーションが差し込まれるようになった。

音楽は作品にマッチしており
逆転するときに流れる音楽はテンションが上がる。



・欠点
序盤の中だるみ。
2章、3章、4章の内容はそんなに悪くないと思うのだけれど、
探偵パート2日間、裁判2日間にする為に水増ししている印象は受ける。

特に1日目の裁判パートは、何とか乗り切ったという達成感も少なく
完全にやらされ仕事って感じ。
濃厚な探偵1日、裁判1日の構成でもいいと思うのだけれど、難しいのかな?

旧キャラクターの再登場は、シリーズファンなので素直に嬉しい。
反面、出てきてほしかったキャラが居ないのは残念。
特に真宵ちゃんには出てきて欲しかったのだが……
今回チラッと話に出て来たから、次回作へのフラグだと期待しておこう。

キャラクターの個性が弱くなった。
メインキャラは良いのだが
各章に出て来るサブキャラに強烈な人が居なくなったのが残念。
やっぱり矢張や、おばちゃんに糸鋸刑事って
良いキャラだったんだなと再認識させられた。

1章、2章は真犯人が最初に誰だか分かる刑事コロンボ方式。
この方式は逆転裁判に合っていないと思う。
まさかこいつが真犯人だったのかっ!!って驚きが無い分
逆転した時の爽快感が弱くなってしまっている。
あれはチクチク犯人を追いつめていく様が面白いのであって
真犯人を暴く事を楽しむ今作品とは真逆だと思う。



・総評
ゲーム序盤の話が終盤に繋がっていく流れで
終盤の盛り上がりは素晴らしかった。

ただ、話の前フリが大げさ過ぎる印象。
フリが大げさ過ぎて、結果がショボイ印象になっているのが残念。
そんなに悪くない内容なのに勿体ない。

逆転裁判4で酷評を受け
逆転裁判5ではナルホド君が復活したわけだけど
世間の評価程、自分は逆転裁判4を嫌いでは無いので
オドロキ君にも見せ場が有ったのは結構嬉しい。
ガリュウ検事が出てきた時も懐かしくて喜んでしまった。
※すっかり忘れてたのでなおさら(笑)

全体的には、過去シリーズを踏襲し上手にまとめたなと思う。
逆転して無罪を獲得するのは楽しいし
推理物アドベンチャーとしては良作である事は間違いない。

シリーズファンなので不満点はあるけど
初めてプレイする人なら満足出来る内容になっていると思う。

なんにしたって、ファンっていうのは懐古主義だからね。
かくいう自分だってマリオ3Dワールドでは文句タラタラだったし
息の長いゲームは大変だと思う。
新要素は叩かれ、そのままだとマンネリだって言われるんだから(笑)

それでもやっぱり、シリーズファンとしては
ナルホド君と真宵ちゃんのコンビをもう一度見たいなと思う。
本当にいいコンビだったから余計に。

まあ、次回作を出るまで気長に待つことにしよう。



*****************************************

逆転裁判5

評価 75点 (100点満点中)

*****************************************

デモンズソウル#5(ポートリア王城2クリア)

塔のラトリア1をクリアしたのでポートリア王城2の攻略を開始した。

このステージは短い1本道なので迷う所は少ないものの
ドラゴンによる灼熱ブレスがうっとおしいステージである。

ポートリア王城1攻略時の城壁と同じように、ドラゴンが炎を吐いた後にダッシュで突破が基本
途中地下道を歩けるようになるのでそこを進んでも良いし、
ドラゴンが空を徘徊する街道をダッシュで逃げ切っても良い。
最終的に青眼の騎士2体と戦う事になるので、その部分だけ気を付けていれば問題は無い。

青眼の騎士2体を倒し、先に進むとBOSS塔の騎士戦になる。

ポートリア王城2のBOSSは推定身長10m以上の馬鹿でかい騎士。
近づくと盾での攻撃、遠くに逃げると槍を投げつけてくる。

ステージは闘技場?っみたいな空間
城壁の上(2階)に弓兵がいるので、まずそちらを倒す事が先決。
その後にじっくりとBOSS戦に集中するのが基本だと思う。

今回は脳筋兵士に育成予定なので、魔法なんて無論覚えていない。
となると遠距離攻撃は弓が基本となるのだが、ダメージがショボイので近接戦で倒すことにした。

このBOSS、脛を攻撃し続けると倒れるので、そこをここぞとばかり攻撃。
ダメージを受けたら、2階の安全スポットで回復。
これを繰り返すだけで、それ程苦労せず倒す事が可能である。

今まで戦ったBOSSの強さを比較すると
ファランクス<タカアシ鎧蜘蛛<塔の騎士< 愚か者の偶像、といった感じ。

そんなに強くないと思う。
まあ、デモンズソウルに余裕で倒せるBOSSなんて居ませんがね!!

しかし、デモンズソウルのBOSS戦は面白いな。
ステージ攻略は腹立つ箇所多いけど、BOSS戦だけはワクワクしてしまう。
緊張感パネェっす。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索