忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

inFAMOUS Second Son

inFAMOUS Second Son をクリアしたので総評。
難易度ノーマル、善人クリア 達成率100% トロフィー60%




PS4はこの為に買ったといっても過言ではない一作である。
過去作はプレイ済みなものの、善人クリアのみで悪人プレイをしなかったので後悔している。
今回はプラチナトロフィーを獲得するまでやりつくす予定。

とりあえず、善人プレイのみの総評。

・ストーリ
7年前の事故(前々作の内容)により超能力をもった人間”コンジット”が増え続けていた。
不慮の事故によりコンジットとして覚醒した主人公”デルシン・ロウ”は
村の仲間を救うべくコンジットを弾圧する政府組織DUPとの戦いに身を投じていく。

といった感じの内容。
前々作のインファマス~悪名高き男~で生まれたコンジット達のその後を描いている。
インファマス2の善人エンドだと”コール”の死と共に、コンジットは消滅したはずなので
悪人エンドからの続く世界線の話なのだろうか?


・システム
TPS箱庭アクション。
操作方法は前作とほぼ同じ。
TPSに精通している人ならばすぐになれる仕様だと思う。

メインミッションでストーリーを進め
サブミッションでDUPに支配されているエリアを開放していく。

前作同様、能力は強化可能であり
各地に散らばっているシャドーを集め消費する事で強さが増していく。

能力が弱いままだと苦戦するので強化は必須。
エリア解放時にシャドーの在処がMAPに現れる新設設計の為、前作の様に街中を探す必要はない。
また取り逃しも一目で分かるように改善されている。


・アクション
前作は電気をメインに、氷又は炎への派生する能力だったたが
今作は煙、ネオン、ビデオ、コンクリートの4種類の能力を使うことが出来る。
コンクリートはクリア後特典なのでほとんど使用しないが
他の能力はそれぞれ個性があり、使っていて楽しい。

個人的にはビデオがおススメ!!
使用していて面白いし、移動が爽快、且つエフェクトがカッコいい。

次点でネオン。
見た目は一番綺麗かもしれない。
ただ、空中移動が出来ないので使い勝手がイマイチな時がある。

煙は最初から使える能力だけど
移動速度が遅いので戦闘時以外はあまり使用しなかった。
ロケットを短時間で乱射出来るのと、通気口移動は気持ちが良い。

コンクリートは見た目がカッコ悪いので微妙。
敵が使う分には滅茶苦茶カッコイイのになんでだ?

アクション部で前作との大きな違いはダッシュ能力の追加。
これにより的に吹っ飛ばされた時でも早急に復帰する事が出来るし、移動も楽になった。

過去作はどうしても移動が面倒だったが
今作は移動時の爽快感がパナい。
超能力ヒャハーって感じになっている。

インファマスの伝統としてエネルギーの補充をしないといけないのだが
吸収できる場所が前作に比べて分かりづらくなった印象。
基本は煙とか、ネオン看板とか、テレビのある場所ならなんでもOKなのだけれど
画像の情報量が多すぎて迷う(笑)

これが高画質の代償ってやつだね。



・画像、音楽
画像は文句なしで良い。
PS3からの正当進化を感じられる。
ぬるぬる動くし、超能力エフェクトがいちいちカッコ良くて困ってしまう。

音楽は前作の無音からは進化してたけど
そんなに印象に残っていない。


・欠点
敵の鬼エイムスキル。
雑魚は兎も角、ガトリングガンをもった奴が硬い上に
正確な射撃スキルで体力を削るのできつかった。
特に最初のエリア戦では主人公もまだ弱いので
撃つ⇒逃げ⇒補給の繰り返しをしなくてはならず苦戦した。
ここで挫折する人も出てきそうである。

それでもインファマス1作目に比べればましになっているので
1作目の難易度ってどれだけ高かったんだよって(笑)感じ。
インファマスは無双する楽しさというよりは立ち回りを楽しむゲームなので
人によっては肌に合わない人も出て来ると思う。

弱すぎるとつまらないし、デモンズソウル並に強いと疲れるので
個人的には丁度良い敵の強さなんだけどね。


キャラクターの個性が弱くなった印象を受けた。。
前作の主人公”コール”、相棒”ジーク”等に比べると全体的に少し地味。
おっさん主人公から、悪ガキ主人公へのシフトは取つきやすくなった反面
主人公に共感できなくなったのは年のせいかな?
相棒のお兄ちゃんは良い奴だったけどな。

それとラスボスも微妙だった。

ストーリーの内容は
インファマス > インファマス2 >インファマスセカンドサン
の順かな。



・総評
PS4はこのために日本から持ってきたので、満足度は高い。
次世代機のパワーを見せつけてくれる作品であるのは間違いないので
インファマスシリーズのファンとしては嬉しいことこの上ない。
今後も是非とも続いてほしい作品である。

善悪ミッションが減った事と、マップが1作目の方が面白かった事は少し不満だけど
爽快感と表現力が上がっている事で±0かな。

ストーリは前作より軽くなっているものの
時折重い内容が混じって来るのがインファマスらしくて良い。
ムービーが最低限なのは好印象。

特にお兄ちゃんが、悪ガキの弟を叱りつつも大きな愛情を持って接している感じが良い。
最後まで優しくも頼りがいのあるお兄ちゃんだったぜ。


兎に角、今作は能力が最高にカッコイイのでPS4持っているなら是非プレイしてほしい。
これだけの為に買う価値が有るかは、趣味の問題もあるので微妙だけど
個人的には買って良かったと思ったのでおススメ。


現在は悪人+ハードモードでプレイ中。
こちらもクリアしたら感想を書く予定。


*****************************************

インファマス セカンドサン

評価 80 点 (100点満点中)

*****************************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索