忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デモンゲイズ

デモンゲイズをクリアしたので総評。
表ボスクリア、1週目


・ストーリ
記憶喪失の状態で救助された主人公は
デモン封印の魔眼を持つ伝説のデモンゲイザ―だった。

世界破滅の原因であるデモンとの戦いが進むにつれ
失ったはずの過去が主人公を追いつめていく

いったい彼は何者なのか?
そして、戦いの果てに手にする未来とは!!!

といった感じの厨二病バリバリのファンタジーDRPGである今作品。
ライトノベルの要素をつめし込んでいるので
ストーリ的には既視感が強い作品である。


・システム
世界樹の迷宮やウィザードリィ等に代表されるDRPGと
レアアイテムをドロップする楽しさが合体した作品である。

主人公は固定キャラ(男)だが
パーティーメンバーは自由にカスタマイズする事が可能。
職業は7種あり、種族、容姿、ボイスなど個性が出せるのが魅力だ。
最大5人パーティを組む事が出来る。

基本的な流れとしては
ハンター達が集う竜宮停を拠点として各ダンジョンに移動
ダンジョン内各所にある拠点を制覇
制覇後ボス(デモン)戦といった感じで進んでいく。

デモンを倒すと仲間にする事が出来る。
各デモンにはステータス付加効果があり、最大3体まで連れていく事が可能。
HPアップ、トラップ回避、隠し扉発見等効果は様々
最大12体のデモンの中から戦略性に合わせて選ぶのが攻略の鍵となる。

武器を強化するシステムもあるが
ドロップした武器の方が上限突破しているので強い場合が多い。


・アクション
DRPGというジャンルの為アクション性は皆無。


・画像、音楽
画像は好き嫌いが激しそうな萌え絵が多い。
JRPGがガラパゴスRPGといわれる所以であるが個人的には嫌いでは無い。

音楽はボカロを起用しているので、これも好き嫌いが激しそう。
これまた初音ミク好きな自分にとっては問題なし。
最終ダンジョンの音楽は良かった。


・欠点
ありきたりなストーリ。
前述どおり既視感がある内容なので完全に先が読める。
狭い世界での話なのに、突然世界の運命とか言われてもね。


アイテム保有の上限数が決まっている。
今作品はアイテムをドロップするハスクラ的要素が多いのだが
アイテムを100種類までしか手持ちで保管できない。
しかもアイテムは10個以上保有すると分割され別種類としてカウントされる為
すぐにアイテム欄がいっぱいになってしまう。

加えてアイテムの種類が多く
回復アイテムと同等効果の食品など
同じ効果にも関わらず別の種類のアイテムがある意味の分からない仕様である。

不要アイテムの売却もいちいち面倒だし
アイテムにランクがあるのだから
指定ランク外のアイテムは自動売却するシステムがあれば良かったかな。
ダマスカスギアはそういう意味でも良く出来ていたのだなと再確認。


デモンの制限
途中で床トラップ回避のスキルを持つデモンを仲間に出来るのだが
このスキルが優秀過ぎてほぼ固定になる。

スロットがMAXでも3つしかなく(Lvが上がる増える)
色々な組み合わせを試したいのに制限されてしまうのが残念だった。


Lv上げが面倒
これはDRPG特有なのかもしれないけど
Lv上げがすごくメンドクサイ。

RPGってどうしてもLv上げ作業が必要になるのだが
ドラクエとかみたいに何にも考えずにぐるぐるして敵とエンカウントする事が出来ないので
どうしても集中してプレイせずをえない。
でもLv上げって基本つまらないからすぐ飽きてしまい苦痛になってくる。

流れ作業が出来ないのって苦痛なんだなって思い知らされた。



・総評
まあグダグダ批判してはいるものの、RPGとしては結構面白いと思う。
無策で突っ込み、Lvを上げて物理で殴るが通用しないのは好印象。
なにげに死にまくったしね。

序盤は金がなくパーティーメンバー雇えないの事もあり
2人パーティーで進めて行ったら、途中でどうしても勝てないボスに出くわして停滞。

中盤までデモンを特に考えなく使っていたら中盤以降ザコ戦で苦戦。
ボス戦でも回復が間に合わず撃沈。
その後、何度かリトライするも撃沈。そして停滞。

終盤、ボスの異常な回復能力に火力が足りずHPを削る事が出来なくなり停滞。
デモン暴走等を実施してブーストさせてみるも意味なく停滞。
死なないけど勝てない状態が続く。

等の一筋縄ではいかないのが面白かった。
これでもDRPGとしては温いというのだから
一体他の作品はドンだけ難しのやら(笑)

ラスボスは結構強いと思ったけどな。
最終的にどうしようもなくなり、回避と命中、防御力を補助魔法でカンスト
その効果が打ち消されないよう、まめに対策魔法をかけつつ
時間をかけてザコ(今まで戦ってきたデモン)を倒し
ラスボスが無防備になった所に”修羅裏式 ”(サムライのスキル)で無理やり倒す。
【※修羅裏式:自分が死ぬまで敵に攻撃をし続ける】
という泥臭い戦法を取らざるを得なかった。


そういう事もあり、ゲーム初心者にはあまりお勧めできないかな。
RPG得意って人はそれなりに楽しめると思う。

ありきたりなストーリだけど感動する場面もあるし
DRPG入門には向いていると思う。
自分もDRPG初挑戦だったけれども満足な結果だった。

でも年のせいもあってかRPGをプレイするのが年々辛くなってきている。
Lv上げとかに時間を費やすのがきついんだよね。
昔は1本で長く出来るゲームが好きだったのに……

それとゲームごとに新しいシステムを覚えるのも面倒になってきている。
特にSRPGは続かない。
スパロボくらい馴染みが有ればいいのだけれど一から覚えるのは苦痛。

そういえばデモンズソウルも積んだままだな。
途中でdiscに傷があるせいで読み込みが滅茶苦茶になって投げたんだった。

うーん、いつかリベンジしたいな~



*****************************************

デモンゲイズ

評価 60 点 (100点満点中)

*****************************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索