忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Deus Ex : Human Revolution #1



Deus Ex : Human Revolution


このゲーム有名なのかどうかは知らないが
ステルスアクションをやりたくて買ってみた。

ネットでもそこそこ好評価だったし
スカイリムでステルスプレイして楽しかったから
ワクワクが半端なかったんだけど

始めてみたら、なんというか…
酔う?+めんどい な感じ

FPSアクションだから仕方ないのかもしれないけど
スカイリムや、BF3やってもこんなに酔わなかったのになんでだろう?

攻殻機動隊やブレードランナー的な世界観なので、設定上は楽しそうなんだけど
RPG的成長システムである為(経験値稼いで、自分の肉体を強化して行くシステム)
そこそこ広い街をしらみつぶしに散策し、経験値を稼ぐ作業が必要となる。
ぶっちゃけ、街探索が面倒なうえ面白くない。
スカイリムや、GTAのように探索を楽しむ様に作られていないので
行けるところ限定的だし、MAP見ずらいしで非常に疲れる。

※主人公はサイボーグ、経験値が溜まると義体の強化が出来る。
 強化は肉体的なものから、ハッキング、光学迷彩など様々。

基本的に経験値は、秘密ルート発見、敵に見つからない、コンピュータハッキング、など
様々な事をして稼げないといけないので、新しい場所に行く度に辟易してしまう始末である。
バイオ4みたいに金稼いで武器強化するシステムであれば良いものを
(※そういった要素もあるけれど)
下手に経験値システムにした為、アクションゲームとしてのテンポを悪くしているような気がする。
まあ、ゲームが進む毎にスキルを解放していき、強くなっていくのはアクションゲームでは良くあるシステムけど
解放してもしっくりこないんだよね。

しかもステルスアクションの醍醐味である
敵に見つからずにミッションを遂行する緊張感が
経験値欲しさの為に色々探索する事で台無しになり(しなくても良いんだけど)
頑張る気が失せてくるという欠点も抱えている。

さらに、完全なスニークをする為にはLV上げは必至であり
アクションだけ楽しむとなると、よほどアクションに自信がある人か
このゲームにハマり4,5週プレイしている人でないとやる気が起きない仕様になっている。

武器の改造をしないとボス戦で苦戦するという仕様のため
武器の改造にも勤しむ必要があるが、改造に必要な改修パックは数に限りがあり
しかも町中の倉庫をハッキングして開けたり、壊せそうな壁をこわして隠し部屋に入るなど
これまた、町中を探し回らなければしなければならない。
また、序盤に手に入る武器の弾丸は終盤手に入りにくく
終盤に手に入りやすい弾丸は序盤には手に入りにくい設定の為
武器改造には計画性も重要となってくる。

武器などの所持量も序盤は少ないので
(※強化すると所持量が増やせる)
大概の武器は基本的に諦めなければならない。

肝心のアクション要素はというと
FPSであるため自分の立ち位置がいまいち認識しずらく
隠れているのに、後ろにいる敵に気付かず殺されるなんてこともままある。
※これは自分の腕の問題でもあるけど。

コントローラL1を押すと壁に貼りついたりしてTPS視点になる仕様になっているので
だったら最初からTPSで良かったんじゃないのかな?と思ってしまう。

それと、主人公が撃たれ弱い
2、3発銃弾を受けると死んでしまうので肉体強化は必要となる。
アクションに自信があれば必要ないのとは思うが、驚くほど弱い。
見つかって撃たれたら諦めてしまう状態(笑)

反面、敵は異常な硬さを誇る。
改造していない銃では、銃弾を浴びせても中々死なない。
にも関わらず、スタンガン銃等は1発で気絶するバランスの悪さ
スタンガン気絶→銃(サイレンサ―付)で殺害が安全策である。
もっともノーキルクリアが出来るようにしてある為、殺害はあまり推奨されていない。

殺害回避の為、主人公にはサイボーグ用武器が標準装備されている。
ただ、使用するたびに何故かエネルギーが消費されるシステムなので
乱発できないうえに、エネルギーゲージの回復はゲージ1つまでであり
2つ目以降は、専用の回復アイテムが必要となる。
その専用回復アイテムはゲージ1つで1つ回復なのだが、3個(2個)一気に回復や等の上位アイテムも存在する。
不思議な事に1つ回復のアイテムは、アイテム欄1つで済むのに対し(MAX5個まで重ねること可能)
上位アイテムはアイテム欄4つ(3つ)という、なんだか割に合わない仕様であり、
所持アイテム欄のスペースを以上に邪魔している
その性もあってか、不殺を目指すなら消費を抑えるスキルの強化は必須である。
それと、このサイボーグ用武器は使用するたびに軽いムービーが入るのでテンポを非常に悪くしている。
バイオ4,5くらいのアクションムービーなら気にならないんだけどね。

ストーリ面では専門用語が多用されており、プレイヤーの置いてけぼり感が半端ない。
なまじ真面目路線のゲームである為、感情移入できないのがとてもつらい
巨大な陰謀に巻き込まれているんだろうけど、何故か非常に規模が小さく感じてしまう
映画のTORONレガシーを見たときのような
映像のすごさも特になく、世界設定も残念で、主人公に共感が出来ない感じ
何を言ってるかわからいなと思うが、デジャブって奴を俺は味わったぜ!!

ここまで酷評だったけど、ゲームとしてはまあ成り立ってはいると思う。
好きな人は好きそうなゲームではある。
ただ個人的には絶望的なまでにツマラナイ。
おそらく遊び心が無いのが原因ではないだろうか?と思う。
なんというか無難にまとめてある感じがする。
一件自由度が高そうに見えて、自由度は低いのもそれに尽きるような気がする。

しいて面白い要素を上げるなら、死体を引きづって隠せる所かな。

BF3、アンチャ、GTA4とアクションゲームにハマり出している自分としては
物足りなさを感じずにはいられないゲームである。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索