忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PORTAL2 #2 (総プレイ時間:10h)

クリアした。
チャプター6~チャプター9までを一気にプレイしたのでそこそこ疲労したけど
久しぶりに夢中でゲームに没頭できた。

時折、難易度の高いステージが出てきて悩んだものの
全体的には程よい難易度だったと思う。
難易度的にはネットで攻略法を見なくても対応できるレベルだった。

終盤になるにつれギミックが増えるので、同じようなパズルでも飽きる事は無く
終始、楽しんでパズルを解く事ができた。
そういった飽きさせない工夫をしているのは、素晴らしいと思う。

※以下ネタバレ有


ストーリについては、評判通りの面白さであった。
ただ、泣けるという噂のエンディングは、感動はすれど泣く程ではないかな?と思った。

チャプター5までは主人公の味方:Wheatley、敵:GLaDOSだったのが
チャプター5で主人公の活躍によりGLaDOSのコアをWheatleyに載せ替える事に成功
狂気じみたAIであるGLaDOS撃破により研究所を脱出!!!
って思わせておいて、GLaDOSの全能(施設内において)の力を手に入れたWheatleyが調子に乗り
主人公に敵意を向け始める。

こいつはゲロ以下の匂いがプンプンするぜぇぇぇっっ!!

スライムレベルの雑魚が、バラモスの力を手に入れたような物だから調子づくのは分からなくもない。
が、しかしWheatleyの小物臭が半端ない(笑)

チャプター6からはWheatleyのせいで施設の底に落とされた主人公が、
過去(古い)のテストコース(パズル)を進んで行く事になるのだけれど
ストーリーを進めていく過程で、謎だったこの施設の全容が明らかになって行く。

おなじみのアナウンスは、GLaDOSではなく、Wheatleyでもない、この施設を作ったおっさんの録音音声に変わる。
この、おっさんもGLaDOS並に毒舌であり。
被験者を一見持ち上げておいて、かなり馬鹿に(モルモット扱い)している様が中々面白い。

要約すると、この施設は超人育成の施設であり
表向きはスポーツ選手の育成で、裏には軍事目的があった模様で
育成と称して人体実験を繰り返していたらしい。

ステージは上に上がるにつれ年代も進んで行き
1970年~1986年の間におっさんが狂気のマッドサイエンティストになって行く様が見て取れる。
被験者も選りすぐりのエリートから、ホームレスに変わり、最終的には職員全員に変わっていく。
その中で、月の石からポータル銃を作成するプロジェクトが発足。
しかし、その副作用でおっさんが病気になってしまう。
死に向かっていく中で、おっさんの意思をコンピューター上に保管させる計画が遂行されていく。
AIのGLaDOSが狂気じみたのは、このおっさんの意思に影響されていたのだという事が分かる。

上記の過程をプレイしながら分かっていくのは、ゾクゾクせさずをえない。

ちなみにGLaDOSも死んでいるわけではなく、Wheatleyの反逆によりジャガイモに移植されている。
チャプター6の途中でそのジャガイモを拾い、終盤まで一緒に旅をするんだけど。
何故かGLaDOSが可愛くてしょうがなくなってくる(※自分だけかもしれないけれど)

いままで、でかいロボットだったから憎たらしかったけど
ジャガイモにされて悲観しつつも毒舌と皮肉は忘れない様が実に愛らし。

前述したけど、日本語吹き替えにローカライズされたポータル2をやって見たかった。
Wheatleは山寺宏一(エディーマーフィ)で
GLaDOSは榊原良子(クシャナ)
Wheatleはテンション高く、GLaDOSは冷淡に演じてほしいぜっ!!

閑話休題

チャプター8でWheatleyと再開する。
経営者の違いでこうも変わるかって程に施設が荒れ始めている。

天才科学者の頭脳を結集して、どうしようもなく間抜けになるよう作られたWheatleyは
施設を壊す選択しか出来ないようプログラミングされていたのだ。

ああ、なんて小物
独自のパズルは恐ろしい程簡単で、難しいのはGLaDOSの使いまわし
しかも、施設はメルトダウン寸前。
なのにプライドは高いという、すがすがしい程に小物。

その小物っぷりはラストバトルでも健在
前作のポータル1でGLaDOSが敗北した戦いを研究して対策を立てたにも関わらず
なんで、そんなにお粗末なのか(笑)


ラストバトルのオチは必見!!
このゲーム最大の不思議だった、ポータル銃の無限射程の活用がこんな形で現れるとは\(゜ロ\)(/ロ゜)/


Wheatleyに勝利し、GLaDOSがコアに戻ったことで、施設の崩壊は収まり
GLaDOSとも変な友情?が芽生え、この施設か脱出する事になる。
そうしてエンディングを向かえる。
実にあっさりしたエンディングなんだけど、心が洗われるようだった。
なんて言ったてエンディング曲が良作なんで聞いてみる価値あり、本当におススメ。


総評としては面白かったに尽きる。
評判に違わず良作なパズルゲームである。
ネットの評価ではパズルの解答が1つしかないのが不満点として挙げられていたけど
個人的には、その辺は特に気にならなかった。

ロード時間が若干長いけど、FPSアクションと違いそんなに死なないので
そこもあまり気にならなかったかな。
ゲーム性の違いによってロード時間は気にならなくなるものなんだと実感したね。

残念なのはcoopをやる相手がいないので、10時間という短い時間で終わってしまった点。
もっと長い時間ポータルの美しい無機質な世界に没頭したかったわ。


********************************
ポータル2

評価 80点 (100点満点中)
********************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索