忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インファマス~悪名高き男~#1



箱庭ゲームがやりたくて買ってみた今作品。
ファーストインプレッションはそこそこである。

箱庭アクションと言えば、GTA4、スカイリム等が思い浮かぶが
このゲームはどちらかというとGTAより
荒廃した街で、電気能力に目覚めた超能力者が暴れまわる内容になっている。

基本的に建物内には入ることが出来ないハリボテ型の街で、GTAに近いものを感じるが
立体的に飛び回れる感覚はGTAよりも上だといえる。
スパイダーマンばりに建物間を飛び回われるのは、素直に楽しいと思えるのし
今後、主人公の超人度が増していき、無双プレイできるようになるのかと思うとドキドキさせられる。

ただ、街探索の面白さはGTAに劣ると言わざるを得ない。
まあ、車等の運転を楽しむGTAと、超人プレイで無双を楽しむインファマス
ゲーム性の違いを考えれば、欠点と言う程のものではない。
それにアクションとしてはGTAよりも操作性が高く、面白い。

現在のプレイ時間は5時間程度なので、主人公はまだ弱い。
deusex同様、経験値を稼ぎ、技の数や、威力を強化していく成長システムであるため
序盤ではこのゲームを楽しみ切れていないのは事実であるが
それでもアクション要素が強いので、プレイヤーの腕次第でどうにでもなるのは助かるし
そこで試行錯誤するのは楽しい。
deusexと同じ仕様なのに、インファマスはあまり苦にならないのは何故だろう?
技を覚える毎に爽快感が増していくからかな。

さて、このゲームはロードが速いという点がとても素晴らしい。
これはアクションゲームとしては最高で、死んだり、ミッション失敗しても気にならないのが素敵だ。
これは製作会社の力量を感じられる。

ただ、欠点もある。
それは各ゲーム評価サイトのレビューでも書かれているけれども
敵の射撃がゴルゴ13なみに正確なのである。
なんで、そんなに当たるんだ?ってくらい当たる。
都度走り回っていないと蜂の巣にされてしまうので、
ジグザグ走行、壁のぼり等を駆使し戦闘をしなければならず
多少その操作を面倒に感じる人もいるかもしれない。

ただ、概ね良ゲーだと評価できる。
アクション好きだったら手を出してみる価値のあるゲームだと思う。
ただ、無双シリーズのような爽快感とは別物なので
ヒャハーな世界を縦横無尽に飛び回れる箱庭ゲームを楽しみたい人向け。

これから終盤に向かって、どのようなストーリー展開になるのか楽しみである。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索