忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逆転検事

逆転裁判のスピンオフ作品第一弾。

システムは逆転裁判同様、
殺人現場の捜査を行い
捜査で発見した証拠品を基に犯人の”ムジュン”を指摘し
真実を明らかにしていくというものである。

逆転裁判との違いは
捜査中にキャラクターを移動できる他
”ロジック”を使用して推理する事が可能になった。

また、逆転裁判の肝であった法廷パートが無くなり
現場で犯人と直接対峙する対決パートに変更されている。

キャラクターは逆転裁判からの使いまわしが多い。
主人公の御剣 怜侍は当然として
サブにイトノコギリ刑事、狩魔冥検事、矢張、おばちゃん、トノサマンなど
逆転裁判ファンにはおなじみのキャラクターが出そろっている。

新キャラクターとして
相棒の一条 美雲や、ライバル的存在の狼 士龍などの個性的なメンバーも参戦し
スピンオフ作品ながらも新たな逆転シリーズにしようとする意気込みは感じられる。

ストーリ的には、日本に帰国した御剣 怜侍が、
帰国後たった3日の間に次々と事件に巻き込まれ
次第に、闇に隠されていた真実が浮き彫りになってくるという内容である。


クリア後の個人的感想としては、少し物足りなかった感が否めない。
これは逆転裁判4の時にも思った事だが
逆転裁判3でのゴドー検事との終盤のやりとりが傑作すぎたのが原因だろう。
あの対決以上に熱い盛り上がりを期待してしまっているのである。

まあ、どんな作品でもシリーズ物は傑作があるもので
次回作はそれ以上をもとめられるのだから、ゲームメーカが大変なのは頷ける。
ただ、今作ラスボスの迫力がイマイチだった為か
絶望的な状態からの”逆転”する快感があまり感じられなかったのは正直残念。

とはいうものの、流石安定の逆転シリーズといった感じで面白さは健在であり
やはり”ムジュン”を指摘した事で、話が2転3転していくのは実に面白い。
次作である逆転裁判2にも期待は出来そうである。

逆転裁判5も発売が決定しており、シリーズファンとしては楽しみではあるものの
3DSを購入するかどうかは悩みどころだ。


************************

逆転検事

60点 (100点満点中)

************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索