忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大神 絶景版 #2

クリアしたので総評。





・ストーリ
日本の神話、昔話などを題材にした作品。
心温まるストーリ、巧みな物語進行、光るギャグセンス、感動のラスト
和ゲーでしか味わえない要素が詰めし込まれた素晴らしい内容だった。


・キャラクター
主人公アマテラス、相棒イッスン、スサノオ等々
登場するキャラクターは皆魅力的であり、コミカルな要素を含め
筆で描いたようなマンガ調の絵にとてもマッチしている。


・システム
筆しらべというユニークなシステムがすごく面白い。
R1ボタンを押して画面に筆でマークを描くと
突風が吹いたり、木が生えたり、炎が燃え広がったりと、神様目線での操作が可能になる。

また、筆しらべを駆使してダンジョンの謎解きをしたり、敵の弱点をついたりする事も出来
和風ゼルダの異名に恥じない作品となっている。


・アクション
雑魚キャラ、BOSSキャラ共に攻略法が分かってしまえば、戦闘自体はそれほど難しくない。
攻略法も一度戦うと妖怪絵巻にヒントが出て来るので
初戦以降の戦闘は簡単と言わざるを得ない。

ただ、戦闘後に戦績が神、松、竹、梅、凡と5段階評価されるので
戦闘アクション自体がつまらないと感じる事はさほど無かった。
好評価を狙いたくなるゲーマー心情をうまく利用してる感じ。

しかし、アクション好きにとっては簡単すぎるきらいがある。
個人的には十分に楽しめたけど、HERDモード等があっても良かったと思う。


・画像、音楽
リアル志向の綺麗さではないけども
絵本の中の様な世界観をとても美しく表現できていると思う。
二ノ国をプレイした時にも思った事だが
アニメ調に特化した作品は和ゲーにしかできない長所なのだから
こういったジャンルはもっと確立されてもいいと思う。

子供も楽しめるゲームが少ないからね、洋ゲーは……

音楽は良い。
THE和て感じの曲調も好み。
特にヤマタノオロチ戦へ向かう時の音楽は心震えた。


・欠点
重複になるけど、アクションの難易度。
万人向けなので少し簡単。
BOSS戦はもう少し歯応えがあっても良かったかも。

筆しらべの判定
えらい厳しい判定があったり、それでOKなの?って疑う判定があったりと、実に曖昧だった。
判定はもう少しゆるくても良かったと思う。


・総評
傑作の一言。
アクション性とか、やり込み要素、MAPの作り込みなどは
インファマス、GTA4、アンチャーデットに劣ると言わざるを得ないが
ストーリが最高だった。

ラストのバトルなんて、自分ぼろ泣き。
アマテラスが健気すぎる。

10代の自分ではこのゲームの良さは分からないかったもしれないけど
いいおっさんになったからこそ分かる、真っ直ぐなストーリーに心打たれたのだと思う。


ゲームやって感涙したのはMATHER2以来かもしれない
そういえばラストが似てなくもないな。

衝動的にダウンロード版を購入した作品だったけれども
このゲームに出会えて良かったと心から思う。


感動をありがとう、そしてありがとう。



*****************************************

大神 絶景版


評価  90点 (100点満点中)

*****************************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索