忍者ブログ

駐在員は眠らない

中国駐在員ゲーム三昧の日々の記録

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スーパードンキーコング

現在3DSのブレイブリーデフォルトをプレイしているのだが
40時間を超えてもまだ終わる気配が無い。
今、5章の序盤でLv上げに夢中になっていところ。

しかし、このゲーム当たりだ。
ジョブ育成があるのが嬉しい。
俺にはこういうFFが性にあっているんですよ。
《※↑の文章は井之頭五郎風に読んで下さい》

そんな感じで夢中になっている内にブログの更新が滞ってしまったので、
ちょと前にプレイしたゲームの感想を投稿しようと思う。

先月の事になるが、10月(国建節)の大型連休を利用し日本に帰国した。
有難い事に友達や先輩後輩が飲みに誘ってくれたので
横浜に居る間はそれこそゲームする暇など無かったのだが
実家に帰省すると話は変わり、TVを見るか柴犬と遊ぶ位しかやる事が無くなってしまったのである。

つうわけでレトロゲームに興じる事にした。
選んだゲームはスーパードンキーコング。



スーパファミコンで発売されたドンキーシリーズ1作目。
任天堂お馴染みの横スクロールアクションであり
秀逸な音楽、発売当時最高品質のグラフィックが素晴らしい。
個人的には3DSやWiiで発売されたドンキーコングより
SFC版ドンキーコングの画像の方が綺麗だと思っている。

クリア時間は6時間弱。
隠しステージコンプリートを考えたら15時間くらいは遊べる。
ゲームセンターCXでクリアするのに20時間以上かかっていたのを見て
休暇中に終わるかなと心配していたのだけれども
苦戦したのは5面の樽大砲エリアだけで、クリアするだけならそれ程難しくなかった。

有野課長って、激むずゲーのー魔界村とかはクリアできるのに
ドンキーコングでは躓くからが不思議だ。
ミッキーのマジカルアドベンチャーと同じくらいの難易度だと思うけどな……


閑話休題


ドンキーコングの基本アクションは大体マリオと一緒。
ジャンプとダッシュ、それと投げるに泳ぐなど
独自のアクションは樽大砲とトロッコくらい。
横スクロールアクションとしては定番のシステム。

19年前発売のゲームとは思えないクオリティの高さをであり
使い古されたシステムなのに今でも面白いと感じるのは流石。

横スクロールアクションはFC,SFC時代に完成していると思う。
だからあまり進化していないジャンルであり、故に幅広い年代層から支持されているのだろう。

しかし主人公がゴリラって(笑)
キャラクターも可愛さに媚びてないのが良いよね。

3DSのバーチャルコンソールにあれば買うのにな。
メトロイド、マザー123、とかと一緒にでないかな?


*****************************************

スーパードンキーコング

評価 70点 (100点満点中)

*****************************************
PR

閃乱カグラ -少女達の真影-

閃乱カグラ -少女達の真影-をクリアしたので総評


・ストーリ
善忍を養成する高校《半蔵学園》に通う少女たちと
悪忍を養成する高校《蛇女学院》に通う少女たちとの戦いを描いた作品。

戦いの中で生まれる敵との友情と、それゆえに起こる葛藤
少女達の成長していく様が描かれている。


・キャラクター
プレイヤーが操作出来るのは善忍の5名
飛鳥(主人公)、斑鳩(委員長)、葛城(姉御)、柳生(クール)、雲雀(天然)

敵キャラの悪忍も5名
焔(スケバン)、詠(お嬢様)、日影(無表情)、未来(ゴスロリ)、春花(女王様)

萌え好きには堪らないキャラクター揃いである。
そして、未来以外全員爆乳キャラ。
流石は爆乳ハイパーアクションゲームだけはある。


・システム
全5章のシナリオ形式で、各章毎にメインとサブのイベントがある。
イベントをクリアすると次イベントに進むことが出来る。
サブイベントにはストーリが無い。


・アクション
ベルトスクロールアクション(奥行あり)で
基本的にはX、Yボタンの連打でコンボが出来上がる。
コンボ終了時にAボタンをタイミングよく推すと、追撃コンボが発動
適当にやっていても3桁コンボを作る事は容易いヌルゲーである。

キャラ毎にアクション動作が異なるので
見ている分には楽しいが、親指が痛くなること必至。


・画像、音楽
良くも悪くも、萌えとおっぱい。
挿入される1枚絵は少なく、ほぼ3Dモデル。

アクション画面も背景が単調+使い回しなので、長くやってると飽きてくる。

第5章の焔戦(第2回戦)で挿入される音楽はそれなりに熱い。


・欠点
アクションがつまらない。
敵が弱い+あまり動かないのでボタンの連打ゲーになっている。
無双シリーズ程の爽快感もないので、終盤になるにつれ飽きてくる。

同じことの繰り返しで、基本的に1章~5章でやる事に変わりがない。
段位が上がるにつれ技は増えていくが、基本は同じでボタン連打。

それと、奥行描写が分かりづらい。


・総評
爆乳ハイパーアクションと銘打っているだけはあって
おっぱいに尽きる作品。

3DSの裸眼3D機能を生かしたおっぱい描写。
無駄に力を入れている3Dモデルのおっぱいの揺れ。
ダメージを受けると敗れる忍装束、弾けるおっぱい。
転身(変身)シーンでのサービスおっぱい。

おっぱいだけに力を入れた馬鹿ゲーム(褒め言葉)だと断言して良いと思う。

どこかで見たことが有るストーリーも、つまらないアクションも
そんな事はどうでも良いのだと思わせてくれる作品である。

自分はクリア後の追加要素は挫折してしまったけど
やり込み要素は結構あるし、好きな人は堪らないゲームだと思う。
ただ、もうちょっとアクションが面白ければ、なお良かった。

最後に一言

”大道寺先輩強すぎ(笑)”



*****************************************

閃乱カグラ -少女達の真影-

評価 45 点 (100点満点中)

*****************************************

逆転裁判5

逆転裁判5をクリアしたので総評

逆転裁判5は、
過去に4作品+外伝2作品+αが発売された人気シリーズの最新作である。



・ストーリ
冤罪の罪を被された依頼人の無罪を勝ち取り為に
逆境に立ち向かい、逆転していく弁護士アドベンチャーゲーム

弁護士は証拠を捏造し、検事は冤罪の罪を被せる
結果こそが全てとなった法の暗黒時代
それに終止符を打つべく
伝説の弁護士、成歩堂龍一が法廷に帰って来た!!
というストーリ


・キャラクター
伝説の弁護士:ナルホド
逆転を引き継い弁護士:オドロキ
心理学を裁判に持ち込んだ新キャラ弁護士:ココロ
死刑囚でありながら検事:ユガミ
正義の刑事:バン

その他の魅力的な新キャラクターに
過去シリーズから引き続き出演する旧キャラクター達
これぞ逆転裁判といった印象である。


・システム
探偵パートと裁判パートに分けられており
探偵パートでは裁判で用いる証拠を集め
裁判パートでは証拠を用いて証人の“ムジュン”を指摘して
事件の真実を解き明かしていく定番のシステム。

今作からの新要素としてココロスコープが登場。
相手の心理を分析し、ココロのムジュンを指摘し
相手の嘘を暴く事が出来るようになった。

ちなみに過去シリーズから引き続き
サイコロックや見抜くなどの特殊能力も使用する事が可能だ。


・画像、音楽
2Dだった過去シリーズから一新
今作は全キャラクターが3Dモデル化されている。
それとアニメーションが差し込まれるようになった。

音楽は作品にマッチしており
逆転するときに流れる音楽はテンションが上がる。



・欠点
序盤の中だるみ。
2章、3章、4章の内容はそんなに悪くないと思うのだけれど、
探偵パート2日間、裁判2日間にする為に水増ししている印象は受ける。

特に1日目の裁判パートは、何とか乗り切ったという達成感も少なく
完全にやらされ仕事って感じ。
濃厚な探偵1日、裁判1日の構成でもいいと思うのだけれど、難しいのかな?

旧キャラクターの再登場は、シリーズファンなので素直に嬉しい。
反面、出てきてほしかったキャラが居ないのは残念。
特に真宵ちゃんには出てきて欲しかったのだが……
今回チラッと話に出て来たから、次回作へのフラグだと期待しておこう。

キャラクターの個性が弱くなった。
メインキャラは良いのだが
各章に出て来るサブキャラに強烈な人が居なくなったのが残念。
やっぱり矢張や、おばちゃんに糸鋸刑事って
良いキャラだったんだなと再認識させられた。

1章、2章は真犯人が最初に誰だか分かる刑事コロンボ方式。
この方式は逆転裁判に合っていないと思う。
まさかこいつが真犯人だったのかっ!!って驚きが無い分
逆転した時の爽快感が弱くなってしまっている。
あれはチクチク犯人を追いつめていく様が面白いのであって
真犯人を暴く事を楽しむ今作品とは真逆だと思う。



・総評
ゲーム序盤の話が終盤に繋がっていく流れで
終盤の盛り上がりは素晴らしかった。

ただ、話の前フリが大げさ過ぎる印象。
フリが大げさ過ぎて、結果がショボイ印象になっているのが残念。
そんなに悪くない内容なのに勿体ない。

逆転裁判4で酷評を受け
逆転裁判5ではナルホド君が復活したわけだけど
世間の評価程、自分は逆転裁判4を嫌いでは無いので
オドロキ君にも見せ場が有ったのは結構嬉しい。
ガリュウ検事が出てきた時も懐かしくて喜んでしまった。
※すっかり忘れてたのでなおさら(笑)

全体的には、過去シリーズを踏襲し上手にまとめたなと思う。
逆転して無罪を獲得するのは楽しいし
推理物アドベンチャーとしては良作である事は間違いない。

シリーズファンなので不満点はあるけど
初めてプレイする人なら満足出来る内容になっていると思う。

なんにしたって、ファンっていうのは懐古主義だからね。
かくいう自分だってマリオ3Dワールドでは文句タラタラだったし
息の長いゲームは大変だと思う。
新要素は叩かれ、そのままだとマンネリだって言われるんだから(笑)

それでもやっぱり、シリーズファンとしては
ナルホド君と真宵ちゃんのコンビをもう一度見たいなと思う。
本当にいいコンビだったから余計に。

まあ、次回作を出るまで気長に待つことにしよう。



*****************************************

逆転裁判5

評価 75点 (100点満点中)

*****************************************

スーパーマリオ 3Dランド

任天堂3DSソフト、スーパーマリオ 3Dランドをクリアしたので総評
表裏ステージクリア、スターメダルコンプまで完了。



・ストーリ
ピーチ姫がクッパにさらわれたので、それをマリオが助けにいく定番のストーリー
弁当で言ったらのり弁、おにぎりで言ったら梅干しくらい定番。
まあベタだけど、そのくらいの方が安心感はあって良い。


・キャラクター
マリオ、クッパ、ルイージ、ピーチ姫とお決まりのキャラに加え
敵キャラも見たことのあるキャラクターが多い。
新敵キャラも数体いたけど、旧敵キャラの方が印象は強かった。

BOSSの種類が少ないのは非常に残念。
表裏全16ステージ中、BOSS4体の使い回しってのは寂しすぎる。

SFCのスーパーマリオワールドですらBOSSは8体いたのに
なんで減らしてしまったのだろう?
別に動きは一緒でも、キャラデザ変更で十分なのに……


・システム
2Dマリオに奥行が加わった感じのゲームと言えば、想像しやすいと思う。
ND64のスーパーマリオ64ほど3Dアクションゲームにはなっていないので
3Dアクション苦手という人にも安心してお勧めできる感じ。

ステージ構成は、W(ワールド)1~W8まで一直線。
その為、SFCスーパーマリオワールドのような
裏ステージやショートカットを探す楽しさがなくなっている。
また、Newマリオブラザーズの様に各ワールド毎の特色も無いため、
ステージ5ヶ所攻略→BOSS攻略するといった、作業してる感が強くなっている。

ただアクションは簡単で、各ステージ自体の作りも面白いものが多いので
マリオシリーズ伝統の手軽で面白いゲームというコンセプトは踏襲していると思う。


・アクション
踏んで敵を倒すというアクションは相変わらず素晴らしい。
爽快感且つコミカルで分かり易い。

その他に、ファイア、狸、ブーメラン、プロペラがあるが
狸が万能すぎるてらいがある。

それと、他マリオゲームに比べ動きがもっさりしたように感じられる。


・画像、音楽
画像はDSに比べると格段に綺麗になってるとは思う。
ただ高画質ゲームが乱立している中では普通かな。
マリオにはあっていると思うけど。

音楽は過去シリーズのアレンジを変えた曲も多く
ああ、マリオやってるなって思えたのが良かった。
3DSLLはスピーカーが微妙って評判だったけど
言う程、酷い印象はなかった。


・欠点
ちょっと残念な点が多かった印象。

まずなによりの問題だったのが
3Dになって奥行きがプラスされたにも関わらず遠近感がすごく分かりづらい。

スターメダルを取ろうとしても位置がズレて取れなかったり
ジャンプして飛び乗ろうとしたら奥(又は手前)すぎて落下したりと
死亡理由の8割がそういったミスによる落下。
3D機能駆使すれば若干分かり易くはなるけど、根本的な解決にはならず
終始イライラが止まらなかった。

せめてカメラ位置を任意に変えられたら話は違ってくるのだけど
カメラ位置は固定であり、奥行は地面に映る影で判断するしかない状態。
3Dマリオを謳っておきながら、遠近感が分かり辛いっていうのはすごく問題だと思う。

これだったら2Dマリオのままで良いと思ってしまう。
なんでかな?マリオ64は3Dでも面白かったのにな~

こんな感じで死にまくっていると
表ステージだけ、お助けアイテムの無敵狸をプレゼントしてくれるようになる。
更に死ぬとゴールまで飛ばしてくれる羽も手に入るのだが
ハッキリ言ってこのシステムは要らない。

別に使わなければ良いという意見もあると思うけど
目の前にチートアイテム出されると、頑張ってステージクリアしようって気力がなくなる。
別にそれ程難しいゲームでもないのだから無くて良いと思うし
初心者とかライト層用にお助けアイテムが必要なら、キノピオハウスで渡せばいいと思う。
その方が、あんまり意味の感じられないキノピオハウスの有効活用にもなったと思う。

裏ステージになると、お助けアイテムがなくなるので難易度は少し上がるのは良い。
ただ、裏ステージは表ステージの使い回しが多い。
まあ、使い回し自体は別に良いと思うけど
時間制限や、お邪魔マリオの出現など、ギミックとは違った要素で難易度を上げてるステージがある。
しかも結構な割合で出て来るので厄介であり、個人的にはこの二つの要素がすごく不快だった。

このステージに時間制限付ければ新ステージの完成!
このステージにお邪魔マリオを付ければ新ステージの完成!
といった感じで、手抜き感と製作側のドヤ感がチラチラ見えて来る。

いや~こんなの求めていませんよ。

マリオの楽しさって、
プレイヤー心理を読んだイヤラシイ敵の配置と、ギミックを駆使した多彩なステージ構成で
爽快なアクションと、そこそこな難易度の絶妙な両立しているところ。
それと隠し部屋(ボーナスステージ)を発見する楽しみだと個人的には思っている。

それらが混ざり合い、何度も挑戦したくなる面白さがあったんだけど
どう見ても、3Dワールドは裏ステージの水増し感が隠しきれていない。
これなら無理して裏ステージ40面以上も作らなくって良かったと思ってしまう。


・総評
マリオだから期待し過ぎたってのはある。
他3Dアクションならこれでも文句言わなかっただろう?って聞かれると
確かにそうかもしれないと思わなくもない。

ただ、マリオだから裏表ステージクリア+スターメダルコンプまでプレイで来たってのもある。
他3Dアクションなら途中で投げ出していたはず。
(※実際、ゴール旗コンプ+ルイージで再挑戦は投げ出しているけどね)

まあ、これはあくまで個人的な意見。

3DSでマリオやりたいって人は別にやっても損はないと思う。
手軽だし、面白いステージもあるし、なによりマリオやってる安心感はすごくある。

欠点に挙げた箇所も、気にならない人は気にならないと思うし
お助けアイテムもあって良かったって思う人も多いのではないだろうか?

お邪魔マリオも新ステージで、スターメダル探しの制約が無ければ楽しめたはず
時間制限も然りだけど、探索とは相性が悪いシステムだっただけ。
気にしなければ面白かったステージも結構あったしね。

それと出来れば、時間をかけて隠しステージを発見するステージや
謎解きに頭を使うステージをもっと提供してほしかった。

でも、遠近感の分かり辛さは本当にダメだと思う。
死因の8割が分かり辛さによる操作ミスってのは頂けない。
本来のゲームの趣旨から外れている難易度上昇はNG。
けいおん放課後ライブの時にも思ったけど
システムの悪さによって難易度が上がるってのは、ゲームとしてはダメだと思う。

それにしても、マリオっていつからあんなに可愛いキャラ扱いになったのだろう?
もうちょっとおっさん寄りのほうが良いと思うけどな。
なんたって髭面の配管工なんだし。


*****************************************

スーパーマリオ 3Dランド

評価  60点 (100点満点中)

*****************************************

ゲーム購入!!

中国の大型連休を利用して日本に帰国し大量にゲームを仕入れてきた。
今回は新たに携帯ゲーム機、PSvitaと3DSLLを購入。
PSPとDSliteを買ったのが6年前なので、久しぶりの携帯ゲーム機購入となる。

ちなみに据置ゲームはPS3(初代20GB)、wii、PS3(2代目150GB)とそこそこ買っている。
※2台目のPS3は中国用。

日本で働いていたら、ここまでゲームに熱中していなかったと思うが
もし明日にでも日本に帰任する事が出来たなら
次世代機PS4は勿論、wiiUやXBox360更にはレトロゲーム機も買っていしまいそうな勢いである。
ゲーム用PCを新調しても良いとさえ思っている。

まったく、我ながら阿呆と言わざるをえない。


さて、今回購入してきたゲームは下写真のとおりである。


※まちがって逆転裁判1も一緒に撮ってしまっているが無視してほしい。

新規購入のPSvita、3DSLLのゲームも買ってきた為
合計14本、なかなか高額な買い物になった。
そこそこ高級品が買える金額をゲームに費やしたと考えると
いい大人として間違った方向に進んでいる気がしなくもない。

ちなみに、3DSで絶賛発売中のMH4はパスした。
モンハンはMHP2Gで開始1時間で挫折して以来、どうにも手が伸びないでいる。
アクション要素だけみていると、凡用のアクションゲーって感じがするのだけれど
やはり協力プレイが楽しいのかね?

まあ、ハマれなかった身としては、このお祭りに参加できないので置き去り感が半端ない。
今月発売のポケモンも、初代の緑以降、触れてすら来なかったので
今年の任天堂3DS祭りには完全に欠席状態となっている。

まあ、そんな中でも面白そうと感じた3DSソフトを購入してみた。
1)スーパーマリオ 3Dワールド
2)閃乱カグラ
3)ブレイブリーデフォルト
4)逆転裁判5

マリオは断然2D横スクロール派なのだが、近頃の支流は3Dマリオという事で購入。
閃乱カグラはvita版との比較用に
ブレイブリーデフォルトは昔懐かしFFを再現してると噂なので
逆転裁判5は3DSの購入を決意させたゲームだから。

ちなみに3DS本体は友達から購入したので、どうぶつの森がDL済みである。

次はPSvita。
新型vitaが10/10発売という事もあり、購入したのは初代vita。

購入したゲームは
1)朧村正
2)閃乱カグラ
3)モンスターモンピース
4)デモンゲイズ
5)三極志2

驚きの美少女率のゲームラインナップではあるが
何気に三極志2以外は評価の高いゲームだったりする。

三極志2は折角中国に居るんだし、中国モデルのゲームをプレイしようと思い購入。
そこはコーエーテクモの三国志12か、三国無双にしとけという感じはするが
あえてエロゲ移植作品を選んでみた。
内容はオーソドックスな戦略ゲームのようなので、気長に続けられそうなのが購入ポイント。

最後にPS3
1)RDR
2)セインツロウ3
3)魔女と百騎兵
4)アンチャーデット3

購入4本中3本が箱庭ゲーなのには理由がある。
10/10発売のGTAⅤが購入不可能だった腹いせだ。

世間がGTAⅤに浮かれている間
他箱庭ゲームで気を紛らわそうという作戦だ!!

ここ数年で1番、のどから手が出る程欲しかったGTAⅤが発売日に買えない苦しみ。
おそらく来年はPS4で味わう事になりそうだが
PS4は大作ゲーもDL購入可能であるので、新作を時間差なく購入する予定である。
問題は本体を中国で購入するか、日本から持ってくるかだけである。

こっそり同人ゲーム(非エロ)が混じっているのは秘密だ。

さて、中国駐在3年目を迎えたわけだが
なんの進歩もなくゲーム生活に没頭していくとしよう。

リハビリも兼ねて、帰国一発目はスーパーマリオ 3Dワールドをプレイ予定。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
駐在スワン
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1984/12/03
職業:
機械設計
趣味:
ゲーム
自己紹介:
中国でもゲーム三昧の日々を過ごしております。

忍者カウンター

ブログ内検索